通販の咳止め薬と市販品の違いは?

通販の咳止め薬と市販品の違いは?

ドラッグストアなどの実店舗で市販されている咳止め薬であれば、医薬品の取り扱いの許可を得ているインターネット通販などでも販売できるので、全く同じものを購入できます。

どちらを利用する場合でも医療機関で処方してもらっているものではないため健康保険は適用されないことも同じです。そのため、これらの市販薬の場合は利用しやすい方から購入すれば良いでしょう。

一般的ではない通販であれば、ドラッグストアなどで市販されていない咳止め薬も取り扱われています。これは個人輸入代行という形式の業者であり、海外から輸入するものです。

国内では認可されていないため、医療機関で処方されたり、ドラッグストアで販売できない薬でも海外では流通しているものも多く、これを購入できます。

個人輸入代行業者ではサイト上に注文できる薬の説明が日本語で記載されており、手続きもすべて日本語で行えるため、外国語が分からない人でも簡単に利用できます。

大手の業者であればクレジットカード払いにも対応しているため、支払いも便利です。通常は認可されていない医薬品を販売・購入することは違法になりますが、これは国内の販売業者に限られており、海外から自己責任で購入する場合は問題ありません。

そのため、海外の咳止め薬で効果が高かったり、価格が安いものがあれば利用してみても良いです。ただし、この方法で咳止め薬を購入するときには注意も必要です。日本では安全性を保証していないものを個人の判断で使用するため、適切に使用して副作用が出た場合でも救済制度が受けられないことが厚生労働省から注意勧告されています。含有されている有効成分に重大な副作用が起きる心配がないものであっても、製造した工場が衛生的でなければ雑菌などで健康被害が出る恐れがあります。

初めて利用する成分の場合、それが自分の体質に合っているのか個人では判断できないことも問題です。個人輸入代行業者の半数近くが偽物を送っていたという調査結果もあり、この影響で副作用が出ることも考えられます。

これらの問題点に対処するため、初めて使うときには医師に相談して許可を得ておくと良いでしょう。証明する必要はありませんが、個人輸入代行業者の注意書きでも医師の処方を受けていることを条件にしています。

また、本物を購入できるように、信用できる業者を口コミなどで確認してから利用します。価格だけで選んでしまうのは騙される危険性が高いです。